2014年09月30日(火)
美し森から
 美し森の駐車場から山頂に向かう階段を登って頂上手前で振り返ると、奥秩父から富士山、南アルプスまでを見わたすことができます。山頂(標高1542m)にでると眼前に八ヶ岳が広がっています。初めのうちは八ヶ岳の山々には薄い雲がかかっていましたが、しばらく待っていたらほぼ晴れてきました(2014年9月26日)。

 八ヶ岳の眺望です。権現岳、朝日岳、ツルネ、赤岳、横岳は八ヶ岳の主稜線上の山です。牛首山は手前の山です。


 赤岳の望遠写真です。右端に赤岳展望荘(標高2722m)の山小屋が見えます。赤岳山頂にある赤岳頂上山荘(標高2899m)はちょうど雲に隠れてしまいました。


 権現岳の望遠写真です。山頂の岩峰がわかります。


 美し森の山頂の少し手前で振り返ると(南南東の方向に)富士山が見えます。その右側(南〜南西方面)に南アルプスの山々、左側(南東〜東南東方面)に奥秩父の山々が連なっています。


 富士山の手前の山は金ヶ岳です。右端の薄いシルエットのピークの竜ヶ岳とタカデッキは毛無山塊の山々です。その手前のコントラストのよい3つのピークの真ん中は斑山(まだらやま)、北杜市須玉町の里山です。曲岳(まがりだけ)は甲斐市と北杜市にまたがる山です。その右手前の笠無(かさなし)は北杜市須玉町の三角点ピークです。大野山は長窪峠の近く、北杜市と甲府市の境にあるピークです(標高は等高線からの推定)。


 南アルプスの山々です。辻山、鳳凰三山(薬師岳、観音岳、地蔵岳)、高嶺、アサヨ峰、栗沢山、甲斐駒ヶ岳は南アルプスの北端の稜線上の山々です。小太郎山は間ノ岳、北岳から北に延びる主脈尾根上の北端の山です。


 甲斐駒ヶ岳をクローズアップします。コントラストを改善しました。


 北岳、間ノ岳をクローズアップします。コントラストを改善しました。


 奥秩父方面です。瑞牆山(みずがきやま)は三角形の山です。背景に埋もれていますが、よく見れば三角形が確認できるでしょう。飯盛山(めしもりやま)は手前の丸くふくらんだ山です。木賊ノ頭も手前の山です。三宝山(さんぽうざん)は、小川山の稜線よりずっと遠方、甲武信岳のすぐ北の山です。


 金峰山の付近をクローズアップします。金峰山の山頂の五丈岩が確認できます。瑞牆山の三角形の山容もはっきりとわかることと思います。手前の山並は平沢山から飯盛山へ続く尾根です。飯盛山(めしもりやま)の名前は、頂上付近がご飯を盛り上げたような形をしていることに由来していると言いますが、その通りです。

2014-09-30 16:32
2014年08月08日(金)
美し森から奥秩父方面
 東京では澄んだ夏空の日が続くので山梨県北杜市の美し森(標高1542m)に出かけてみました(2014年8月6日)。しかし八ヶ岳と南アルプスは雲に覆われてまったく見えませんでした。奥秩父方面だけ、なんとか望むことができました。

 奥秩父の小川山、金峰山(きんぷさん)から金ヶ岳(かながたけ)の方面です。金峰山の山頂付近は雲に隠れています。富士山が金ヶ岳の右後方に山頂を覗かせていました。
 チョキは金峰山から南西方向に延びる八幡尾根の山です。大野山は長窪峠(林道観音峠大野山線の峠)の近く、北杜市と甲府市の境にあるピークで、標高1700mは等高線からの推測です。


 金ヶ岳方面を拡大、コントラストを向上させました。富士山頂は明瞭に見えますが、その右側に続く毛無山塊から南アルプス方面は雲の中です。
 曲岳(まがりだけ)は山梨県甲斐市と北杜市の境に位置します。頂上が東に曲がっているそうです。山梨百名山のひとつです。
 左端の手前の山、笠無(かさなし)は北杜市南牧村にある藪山です。
 右側、3つのピークの真ん中、斑山(まだらやま)は北杜市須玉町にある里山です。


 小川山は雲から姿を現しましたが、金峰山はずっと雲の中でした。三宝山(さんぽうざん)は甲武信岳のすぐ北にあり、小川山−金峰山の尾根より遠方の山です。
 左端近くの手前の山、高登谷山(たかとやさん)は長野県川上村に位置し、ハイキングコースもあるようです。小川山の手前の2つのピーク、木賊ノ頭(とくさのかしら)と横尾山(よこおやま)は長野県川上村と山梨県北杜市の境界付近に位置します。
 中央手前の山は平沢山(ひらさわやま)、飯盛山(めしもりやま)です。
 2035mの三角点ピーク、1883mの三角点ピークのチョキは金峰山の八幡尾根に属します。1755mの三角点ピークの袴腰(はかまごし)は木賊峠(林道観音峠大野山線の峠)の近くにあります。

2014-08-08 21:12
inserted by FC2 system