イブン・ハイサム   

Ibn al-Haitham
(965 - 1040)
イスラム圏の数学者,天文学者


https://ja.wikipedia.org/wiki/イブン・ハイサム から

1000年頃 『光学の書』を記す.光の反射,屈折の現象を含めて光や視覚に関する研究を総合し,後世の光学の研究に大きな影響を与えた.

[前へ] [目次へ] [次へ] inserted by FC2 system